太陽光発電がよいと言われて気になっている方もいるでしょう。2018年に取りつけようと思っている方は、メリットやデメリットをよく理解した上で判断してください。すでに初期で取りつけている方は、そろそろ10年になり2019年の問題が近づいてきています。どのように対応したらよいのでしょうか?

スポンサードリンク

これから取りつけようと思っている方へ太陽光発電のメリットとデメリット

太陽光発電は、太陽の光から得られるエネルギーから直接電気を作る発電です。

メリット

・自然の太陽の光をエネルギーにしているためになくなることはない

・二酸化炭素を出さないので環境に優しいエネルギーである

・一度取り付ければ、壊れる以外はメンテナンスフリーで管理しやすい

スポンサードリンク

デメリット

・太陽の光が必要なために設置場所に十分光が当たる場所を選ぶ必要がある

・曇りとか雨、夜間にはほとんど電気が作られない

・最初の設置費用が高い

・売電の買い取り価格がどんどん下がっている

取りつけてそろそろ10年年になる2019年以降の問題と対策

2009年に太陽光発電の固定価格買い取り制度が始まって、当時は取り付けて10年間は完全に固定して電気を買い取りしましょうと言うことで、当時は48円でした。(現在は26~30円くらい)

あれからもうすぐ最初の10年が2019年にやってくるのです。
当時48円で契約した人は、10年過ぎたら果たしていくらで買い取ってくれるのでしょうか?

一説には10円ともいわれています。
太陽光発電には通常6~7年で最初の設備投資は回収できていますが、これからのことを考えるとどうしたらよいでしょうか?

一つは、太陽光発電のメリットを活かすために、オール電化にすること、それも電気代が安い夜間にお湯を沸かして使用できるエコキュートにするとよいです。

また、昼間にできた電気を蓄える蓄電池のセットしておくのもおすすめです。
災害時やもしものときにも、24時間電気が使えるタイプの物がきっとやくにたちます。

スポンサードリンク

まとめ

結論をいうと、2018年に太陽光発電を設置するのは有効であるといえます。

10年間は確実に余剰電力を固定価格で買い取ってもらえるために計算がたちます。
特に昼間、共働きなどで家の電気をあまり使わない家庭ほど有効です。

また太陽光発電の設置投資額もかなり下がって100万円ぐらいから設置できるのもよいですね。

これから取り付けようとしている方は、太陽光発電のメリットを最大に活かすためにも、オール電化のエコキュートと蓄電池の設置が必須となります。

太陽光発電協会の公式サイトはこちらから