最近のドンキホーテの勢いには目をみはるものがありますね。次々と大型店舗が展開されていきます。店内の作りも大型家電のような商品配置に似てきています。少し前の既存店のドンキホーテの商品の並べ方といえば、店内に所狭しと商品が平積みされて、そこの中から掘り出し物を探す楽しみがあったように思います。最近の店舗では、そういう風にできなくなり別倉庫に保管されているために何かを買うにしてもピンポイントで指名して買うようなかんじになりました。以前のようになんか面白い物がないかなぁというように買い物するイメージがなくなり残念です。

スポンサードリンク

ドンキホーテのPB商品の展開

ドンキホーテではPB商品(プライベートブランド商品)の特に家電が見逃せないポイントとなっています。今年に入って、4Kテレビやロボット掃除機に目がはなせません。

4Kテレビの価格の安さもさることながら、4Kテレビを所有している横媚びを味わうことができます。もちろん画像は突き詰めれば粗いとか温室がいまいちとも聞かれますが、ドンキホーテで購入する人たちはそんなことは気にしないですね。

スポンサードリンク

またロボット掃除機にしても掃除機だけの機能なら、ほかにも同様の価格で販売しているところもありますが、スマホを連動させたというところが本当にほしいと思う機能のことを考えて物欲をそそりますね。

そして今度は激安のノートパソコンを販売します。これもかなり機能は削られていますが、インターネット、メール、Youtubeが最低限できるということで、実際にそれだけできれば良いと思っている購入者も多いですから、ドンキホーテの客層を考えれば理にかなった戦略だと言えますね。

最近のスマホの流れをみても、もはやiphoneは高機能になりすぎた。高すぎる。必要な機能だけあればよいのでもっと安くしてほしいという流れから格安スマホにも流れていることから、だんだんと高機能と利便性のどどちらかをとる二極化してくるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ

魅力溢れるドンキホーテのPB商品は家電のみならず生活用品でも次々とPB商品を打ち出しています。これまでの流れを見ると次はどんな商品を出してくれるのだろう、どんなコンセプトでくるだろうかと考えるとワクワクしてきますね。
ドンキホーテを利用するならば、店舗での利用だけでなくネット販売も視野に入れて、クーポンなども有効に活かして賢く使いたい物です。

ドンキホーテの公式サイトはこちらから