ここ最近、全国であちこちイルミネーションが見られるところが増えてきましたが、東海地方ではダントツで知らない人がいないくらいの「なばなの里」を紹介します。なばなの里は三重県にあり、昼間はフラワーパークとしてダリアやコスモス、ベコニアなどが咲き乱れて、園内で食事やショッピングなどを楽しむことができます。それだけなら普通のフラワーパークとなってしまいますが、夜になるとそれは光がこれどもかと思うくらいのまぶしいLEDが迎えてくれるイルミネーションが最高です。

スポンサードリンク

イルミネーションの点灯時間と開催期間

なばなの里は入場料2300円と少し高めですが、このなかに1000円分の食事やショッピングに使える金券が使えるので、実質的には1300円で楽しめるといえましょう。
小学生は無料となっているのも家族連れにはうれしいですね。

スポンサードリンク

開催期間は2017年は10月14日から2018年5月6日までとなっています。
秋や春のちょうど良い時期に楽しむこともできますし、またクリスマスや年末年始にも楽しむことができて、何度も足を運びたくなります。

点灯時間は月によって若干違いますが、およそ17時30分から22時くらいまで点灯しています。詳しくはなばなの里の公式HPで確認するとよいでしょう。

イルミネーションの人気とおすすめは

ざっと周遊するだけなら1時間ぐらいで回れますので、じっくりイルミネーションを楽しみながら回ることができます。

ナイアガラの滝

高さ20メートル横120メートルという圧倒的な横幅で流れる光の滝に感動を覚えさせられます。

水上イルミネーション

幅5メートル長さ120メートルの木曽三川の長良川、木曽川、揖斐川をイメージした光の川で身近に見て感じ取れます。

光のトンネル「華回廊」

どこまで続くのか?異様に長い光のトンネルは長さ200メートルと毎年テーマが変わるLEDトンネルの長さ100メートルが合わさったトンネルです。
【豆知識】
光のトンネルのひとつひとつの電球をよく見てみると、かわいい花びらをした形になっています。ぜひ確認してください。

スポンサードリンク

まとめ

光のイルミネーションの行く時間帯は混雑を避けて20時以降に行くのがおすすめです。

イルミネーションは一方通行なので、一回入ったら逆走とか、再び入ることが出来ませんのできをつけてください。
時間的にはショッピングや食事などをしなければ、おおよそ1時間ぐらいで回れますから、あわてずじっくり光をいっぱい浴びながらの散策を楽しんでください。

なばなの里の公式ページはこちらから